脇元幸一先生 研修会

この度,清泉クリニックの脇元幸一先生をお招きして研修会を開催することとなりました.
現在,脇元先生はSpine Dynamics理論を提唱し,研修過程に応じたセミナーを開催されていますが,今回は番外編ということで,これらの研修過程とは異なる内容で研修会を企画致しました.
本研修会では「心と体」,「体性‐自律神経機能」をkey wordに,それらの接点が「胸椎‐胸郭」にあることにフォーカスして,バイオメカニクス的視点やその機能まで含めて講義・実技を行って頂きます.貴重な機会になると思いますので,多くの方々のご参加をお待ちしております.

【テーマ】『心の機能と体の機能の接点 ~Spine Dynamics理論による慢性疼痛治療最前線~』

 (講師コメント)
慢性疼痛疾患の背景となる身体機能特性は,障害に至った身体的プロセス(物理的プロセス)と心的プロセス(感情・行動意識プロセス)という2つのプロセスが関与する.
身体的プロセスには,患部の疼痛・拘縮・変形・筋出力抑制を起こした過程を運動連鎖(運動力学)の観点から理解することで評価ならびに治療が可能であることをお伝えした.
しかし,臨床の場では,運動器で構成される運動連鎖が改善できたとしても,再発を繰り返す患者は後を絶たない.つまり慢性疼痛は,身体的プロセスの究明だけでは不十分であり,身体的プロセスでは説明できない心的プロセスが深く関与している.現代医学は,「心的プロセス」と身体機能障害の接点が不明確なため,身体的プロセスと心的プロセスの両面から機能障害を捉える手法が確立されていないのが実状である.
Spine Dynamics理論は,身体的プロセスはもとより,心的プロセスまでを含めた身体機能障害の評価ならびに治療手法として開発されている.今回は特に,心的プロセスが,なぜ機能障害を及ぼすのか,その治療手法の考え方をわかり易く解説し,実技デモンストレーションによる舞台検証を含めながら紹介していく.

【講 師】脇元 幸一先生(清泉クリニック整形外科 スポーツ医学センター施設長)

活動等
東海大学 医学部 基礎医学系分子生命科学 研究員
国立電機通信大学産学官連携プロジェクト人間工学共同研究員
信州大学医学部大学院医学研究科共同研究員   その他,活動多数

【日 程】5月12日(土)~5月13日(日)

【時 間】
土曜日 14:00~18:00
日曜日 10:00~16:00
※土曜日終了後に近隣で懇親会を予定しております

【場 所】麻生リハビリテーション大学校(福岡市博多区東比恵3-2-1)
※地下鉄「東比恵駅」5番出口  お車の方は近隣のコインパーキングをご利用下さい

【定 員】40名 
※申込みは先着順でお受け致します

【参加費】18,000円 
※参加申込み後の事前振込みとさせて頂きます

【申込み】①氏名,②所属,③経験年数,④連絡先(PCアドレス・電話番号),⑤懇親会の参加の有無,⑥領収書の有無(宛名)を明記の上,下記アドレスまでお申込みください

ambientworks_seminar@yahoo.co.jp

※携帯メールでのお申込みは極力ご遠慮ください
※お申込み後,1週間以内に返事がない場合にはお手数ですが再度ご連絡ください
(一度,迷惑メールフォルダ等をご確認ください)
※返信メールが受け取れるようメールの設定をお願い致します

【研修会事務局】
副島整形外科 田中 創 
福岡志恩病院 多々良 大輔

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。