Spine Dynamics療法 福岡特別研修会

Spine Dynamics療法 福岡特別研修会のお知らせ
~重量場ルールの原点にかえり、メカニカルなアプローチを学ぶ~

※もう少し募集定員に枠があるようです。詳細は下記をご参照下さい。

慢性疼痛疾患に対し、多くのセラピスト達が「患部のみの治療では完治しない」と感じているのではないだろうか。世界的にも、慢性疼痛に対する客観的評価法及び保存治療法はいまだ確立されておらず、現場では対症療法が中心にならざるを得ない。そこで我々は、患部を何らかの機序で発生した『結果』と捉えることで、真の慢性疼痛疾患治療が実践できることを提唱したい。慢性疼痛疾患の治療では、身体のメカニカル及び反射的な両要素の因果関係を解き、根因となる問題点を改善する必要がある。

全ての慢性疼痛疾患に共通する機能的問題点は、「脊柱弯曲機能の異常(低下)」である。

脊柱・骨盤は最も身体重心近くに位置している。そのため脊柱弯曲機能と仙腸関節機能は、四肢運動 の力源(作用力)であると同時に、反力(反作用力)緩衝機能を持ち併せている。言い換えると、脊柱弯曲機能(車でいうサスペンション機能)と仙腸関節機能(車でいうダンパー機能)が、重心移動時における上半身質量(体重)衝撃緩衝と、下肢からの床反力緩衝作用を担っている。この脊柱弯曲機能の異常は、四肢動作による反力緩衝機能低下を意味する。これによって身体は、反力を緩衝できない分、中枢神経を介して筋出力の抑制系を働かせ、作用力=反作用力という物理(重力場)のルールを保持しようとする。これらの機序は、脊柱弯曲機能を回復させる徒手療法及びSpine Dynamics療法を行うことで、容易かつ即座に検証することができる。

本講演では、筋出力(作用力)と反作用力を緩衝する脊柱弯曲機能の関係を、実技デモや多くの動画を用いて、分かりやすく説明していく。

【デモンストレーションのポイント】
・四肢の「筋出力」と「ROM」は脊柱弯曲機能に大きく依存する。
・運動の力源(作用力)は重心にあり、「動作」とは、身体重心に近い骨盤・脊柱から末梢関節への『力』の伝達・連鎖である。
・『力の伝達・連鎖効率』が低下した関節に、疼痛は発生しやすい。
・関節変形及び拘縮は、『力の伝達・連鎖効率』の低下による生体順応反応の結果である。

【講 師】
脇元 幸一先生
清泉クリニック整形外科 スポーツ医学センター施設長

【日 時】
2011年12月3日(土)~4日(日) 
両日ともに、10:00~16:30

【会 場】
麻生リハビリテーション大学校
(福岡市博多区東比恵3丁2番1号)

【参加費】
■ 早期申込割引  18,000円/1名(税込み)              (2011年11月21日までのお申込みが対象です)

■ 通 常 参 加 費  20,000円/1名(税込み)

【定 員】
  限定 50名様募集(定員になり次第締め切ります)

詳細・申込み先は下記をご覧ください。

http://www.koko-kara.info/kensyukai/20111203/index.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。