Mark A Jones Seminar

3日間に渡るセミナーが今日終了しました。

講師の著者 『徒手療法におけるクリニカルリーズニングのすべて』は、
最近のお気に入りの本で多くの事を学ばせてもらいました。

今回のセミナーでは、クリニカルリーズニングの具体的な内容はあまりなく、
肩関節の話がメインでしたが、随所にリーズニングの内容も
盛り込まれており、非常に充実した時間を過ごすことができました。

学会の特別講演では、クリニカルリーズニングの話をされるようで、
これも楽しみな内容の一つです!

今回、お誘い頂いた事務局の常盤先生には素晴らしい出会いを
提供して頂き、本当に感謝しています。
人との縁から繋がった今回のセミナー。
参加することができて本当に良かったです!

さ~、明日からは全国学会です。
多くの方が時間を削って作られた研究から、
たくさんのヒントを得てきたいと思います!

広告

コメント / トラックバック1件 to “Mark A Jones Seminar”

  1. 常盤です Says:

    田中先生。セミナーに参加して頂き、誠にありがとうございました。やはり世界の重鎮は違いますね。理学療法士として「触る」こと「感じる」こと「考える」ことの難しさを改めて感じました。一人でも多くの患者様の役に立つために、本物の理学療法を提供出来るよう、精進して行かなければと、改めて感じました。学会の講演も最高でしたね。これからもお互いに頑張って行きましょう。  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。