Neu-Tral

先日、福岡のNeu-Tralという勉強会に参加してきました。
Neu-Tralはフラぷら2010にも今年から新規参加団体として
参入して頂く予定のとても活発な研究会です。

活動範囲の幅広さだけでなく、中枢・整形等問わず、
「人をみる」という視点が強く根付いている研究会です。

その研究会でうちの山浦が肩の話をさせて頂きました。

50名を超える参加者が集まり、熱気を帯びた2時間はアッという間に終わりました。
なぜかスーツの山浦誠也でしたが、日頃近くで一緒に仕事をしている者としては、
こんな視点で臨床をやってるんだということが再発見できて非常に良い時間となりました!

体表解剖で学んでいることも自分なりの解釈で分かりやすく落とし込んでおり、
同じセミナーに出ている自分としても別の切り口から良い視点を頂きました。

Neu-Tralの皆さん、ぜひフラぷら2010もよろしくお願い致します!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。